開発ストーリー

HOME > 開発ストーリー

STORY 01

ナノダイヤモンド開発者 STORY

「中村・フクイヤ」の「ナノダイヤモンド触媒」は、約20年の年月をかけ、現在に至ります。ここでは、開発に携わった技術者「山田」を通して、発案のきっかけから製品化までのストーリーをお話したいと思います。

光触媒との出会い

自分の作った造花が光触媒に!?
舞台は、人口3万人の海辺の街・蒲郡。ナノダイヤモンドの開発者の一人・山田(以後ヤマダ)は、親の代から続く造花屋の2代目店主でした。20年前のある日、衝撃的なニュースが飛び込んできます。造花を買い付けに来ていた取引先の一社が、TVのニュースで大きく取り上げられていたからです。
「なんだこれは?」ヤマダは目を疑いました。自分が作った単なる造花が、当時の最先端環境技術を取り入れた“光触媒の造花”として紹介されているではありませんか。

光触媒事業へ着手
すぐさまその光触媒の造花を買い求め、飼い猫の匂いが気になる自宅に置いて試してみたところ、確かに猫の臭いが減った気がしたのです。「これはすごい!」ますます興味を持ったヤマダは、光触媒に関する情報を調べ漁りました。そして、取引先の承諾を得て、ついに光触媒の造花を自ら作るようになったのです。

光を超える触媒探し

光触媒の弱点発見、そして新触媒を模索する旅へ
造花を手掛ける中、画期的な技術である光触媒にも、大きな弱点があることが分かってきます。それは、光が当たらないと十分な機能を発揮できない、ということです。光触媒の造花を置くのは室内です。そのため、カーテンで締め切った部屋や夜になると光が当たらなくなり、消臭や抗菌、抗ウイルスなどの機能を発揮できなくなってしまうのです。「環境に左右されずに、光触媒のような機能を発揮できるものは無いのだろうか?」 光触媒を超える新たな触媒探し。ヤマダの長い旅が始まりました。

ロシアに次世代触媒あり
新たな触媒を求めて月日を重ねる中、ロシアに次世代の触媒候補があることを知ったヤマダは、触媒開発を手掛ける技術者の協力を仰ぎ、候補となる素材を取り寄せます。その中の一つが、「ナノダイヤモンド触媒」でした。ナノダイヤモンド触媒は、光や温度を必要しない触媒として、ロシアを始め日本でも注目されつつあった素材で、産学官の連携による研究開発が進められていました。

商品化と新たな試練

長年の試行錯誤の末、ついに商品化に成功!!?
触媒に対する基礎技術はあっても、ナノダイヤモンドを使った触媒の商品化まで漕ぎ着けるのは、並大抵のことではありません。様々なモノ作りを経験してきたヤマダでしたが、基礎技術のレベルから商品化までのプロセスは未経験。そのため、文字通り試行錯誤の連続の日々が続きます。成功する保証はなく、商品化に至る道は、まさに、行きつく先に答えのない道を歩んでいるような苦しいものでした。
そして、何年もの歳月を経て、ついに商品化すが実現します。が、そこからが新たな挑戦の始まりでした。

さらなる試練の連続に立ち向かう

ようやく商品化にこぎつけたものの、さらなる試練がヤマダを待ち受けていたのです。実は樹脂や金属面だと触媒がうまく密着されず、消臭・抗菌といった機能を十分発揮できないという事実が発覚しました。そのために、ご購入者からのクレーム対応に追われる時期もありました。また、ナノダイヤモンドに注目した触媒技術は画期的ではあるものの、効果が瞬時に現れたり、目に見えて分かるようなものではなかったため、お客様からなかなか効果を信じてもらえず、思うように売れない日々も続きます。

資金が足りない!
お客様からの信頼を得るために、ヤマダは外部の検査機関に依頼し、機能の高さや安全性を実証することにしました。
検査機関に依頼しエビデンスを作るには、一案件につき30万円~100万円近くかかります。その上、ナノダイヤモンド触媒には抗ウイルス・抗菌・消臭を始めとした5つの機能があり、それぞれの機能と安全性を個別に証明せねばならず、それには多額の資金が必要です。それは会社にとって重い負担であり、苦しい経営状況が続きました。

STORY 02

事業化への道

シンガポールでの運命の出会い
環境先進国、シンガポール。その緑豊かな都市で開催されていたシンポジウムに参加していたヤマダは、日本とシンガポールで事業を展開する近藤(以後コンドウ)とたまたま隣り合わせに座ります。
「もしかして日本の方ですか?」異国の地のシンポジウムで、たまたま隣り合わせに座った2人の日本人。その出会いが、ナノダイヤモンドを生み出すことになるとは、この時は予想だにしていませんでした。

思わぬ接点、そして意気投合
コンドウの日本での拠点は、何とヤマダと同じく愛知県。意気投合し昼食を共にしながら、二人は互いの事業のことを語り合います。
ヤマダが20年近く環境技術の開発に苦心してきたこと。画期的な技術の商品化に成功したものの、多額の試験費用で資金難であること。自分なりに営業をし、一部の大手企業には導入されたものの、なかなか広がっていかないこと…。一方コンドウも、分煙事業を進める中で、タバコの臭いの問題にぶつかっていること。いつかは環境問題に取り組んでいきたいと思っていることを打ち明けました。
そんな話をするうちに、お互い興味を持ち、ヤマダが開発した製品をコンドウが試すことに…。

ナノダイヤモンド触媒に賭ける!

世界に広める価値がある
へビースモーカーだったコンドウの社長室。そこへ、ヤマダが開発したナノダイヤモンド触媒を吹き付けたところ、翌日にはタバコの臭いが跡形もなく消えてしまったのです。
「これはスゴイ!!」 あまりの変化に興奮した近藤は、すぐに自社でもナノダイヤモンドについての調査を行いました。独自性・効果・安全性・エビデンス…そのどれもが優れている にも関わらず世の中に広まっていないのは、商品化と売り方のノウハウの問題、そして資金力の問題だけでした。

ブラッシュアップされたナノダイヤモンドの誕生
「これは日本中、世界中に広めなくてはいけない!」「これが広まれば、いったいどれだけの子供や人の助けになるのか!」使命感に駆られたコンドウは、分煙事業をやめ、ヤマダと一緒にこの触媒を広めていくことを決意します。
そして、環境先進国であるシンガポールで、抗ウイルス機能の強化やフレグランスの追加など、市場のニーズに合わせた形でさらなる研究開発と商品化を行いました。その結果、ついに誕生したのが「ナノダイヤモンド触媒」です。

STORY 03

ナノダイヤモンドで世界を変える、世界が変わる

細菌やウイルスなどの感染症予防が必須の、病院や介護施設、保育園、学校、公共施設、飲食店。
衛生対策と消臭対策の両方が強く求められる、​トイレや車両、ホテル・旅館等。

ナノダイヤモンド触媒は、様々な場所、様々な用途で必要とされる環境浄化触媒です。

たった1度施工するだけで、「抗ウイルス」「抗菌」「消臭」「防カビ」「抗酸化」の5つの機能が長期間持続するナノダイヤモンド触媒に包まれた「安心・安全・快適な世界」を、私たちと一緒に創っていきませんか。世界中をナノダイヤモンド触媒で綺麗にしていきませんか。
これから先のストーリーを一緒に創っていきましょう!